化粧水は叩き込むのか、塗り込むべきか。自分の肌で検証中

最近、顔のスキンケアのやり方を少し変えてみた。今までどおりの我流のケアの仕方から、テレビや雑誌で見たケアのやり方へ。

 

洗顔後の化粧品の塗り方なのだけれど、今までは化粧水を手にとって、軽く叩くようにしてパタパタと肌に叩き込む化粧水の塗り方に近かった。少し前にそのやり方はあまり良くないと知ってからもなんとなく癖というか、惰性でそのやり方で通していたのだけれど、冬の乾燥に悩み始めたので、思い切って(というほどでもないか)化粧水を手に取った後、叩き込むのではなく、掌で顔に押しつけるようにして化粧水を入れ込むという塗り方に変えてみた。

 

正直、効果のほどはまだ感じられていないのだけれど、掌で圧をかけて肌の奥へ入れ込もうとする分、いままでのやり方よりも時間がかかるので、自分の肌の為に手をかけているという感覚は強い。

 

さらにそうやって化粧水を肌の奥に押し込んだ後、より成分が浸透するようにハンドプレスしているので、いままでの化粧水のやり方の時よりも効果が出てほしいと願っている。

 

それで冬の乾燥とかシミとかしわとかに少しでも抵抗できたらいいのだけれど。さて、どうなるやら、結果が楽しみだ。

 

とりあえず、化粧水一本使いきるまでは様子を見て、あまり変わらなかったまた違うやり方を試してみようかな。

毎朝実践!ベリーナッツヨーグルト

私は美肌のために毎朝、特製のヨーグルトを食べています。

特製と言っても、変わったモノを使ったり手の込んだことをしたりはしていません。
明日からでも実践できる、肌荒れ知らずのヨーグルトです。

材料は、どこのスーパーでも売っているものばかり。
プレーンヨーグルト・ブルーベリー・赤いベリー・無添加のクルミ・はちみつの5つです。

プレーンヨーグルト、私はダイエットを意識して、脂質を抑えたものにしています。
ブルーベリーと赤いベリーは、冷凍食品売り場で手に入ると思います。

赤いベリーは色々ありますが、色が赤ければストロベリーでもクランベリーでもOK!
大切なのは濃い赤色の植物である事。

ストロベリーならカットしてあるものの方が使いやすいです。

それから無添加のクルミ。塩や油などがついていないものにしましょう。

最後ははちみつ。プレーンヨーグルトは食べ慣れないと食べづらいと思いますが、白砂糖は美肌の敵!
なので甘味ははちみつで補います。

ベリーの大切なビタミンなどの栄養素は熱に弱いので、自然解凍しましょう。
前日の夜に必要な分だけ冷凍庫から出して器に移し、冷蔵庫に入れておけば簡単。

その上にプレーンヨーグルトを入れ、クルミを手で砕きながら2-3かけ入れたら、後ははちみつを少しだけ入れて出来上がり。

ヨーグルトには言わずと知れた乳酸菌が含まれ、腸内の健康に良いです。腸が健康であれば、吹き出物なども出にくくなります。

ブルーベリーと赤いベリーは、色によって違う植物のアンチエイジング効果を赤と紫の二色で摂取。

無添加のクルミは肌に必要な油分を補うので、ツヤツヤで乾燥知らずの肌になれます。

はちみつももちろん健康と美肌のための栄養素がたっぷり!ビタミンや酵素などがたくさん含まれています。

これを毎朝食べる事で、特に大人ニキビと乾燥肌に悩んでいた私も、”肌がキレイ”と皆に言われる褒められ肌になりました!是非みなさんも試してみてください。